銀行カードローンは審査が厳しい、といわれていますが本当に厳しいのでしょうか。 銀行カードローンは消費者金融に比べるとずっと金利が安いです。また銀行系というとそれだけで安心感があります。消費者金融に抵抗があるという人でも銀行なら借りやすいと思うのではないでしょうか。

また、銀行カードローンは家を買うときなどのローンに使う人も多いため、比較的利用者が多い、人に気軽に言いやすいローンの借り方の一つとなっています。しかし審査に受からない限りは銀行カードローンを利用することはできません。銀行カードローンは誰でも利用できるものなのでしょうか。

銀行カードローンは審査が厳しいのは本当

銀行カードローンの審査は厳しいです。特に消費者金融と比べるとずっと厳しく審査されています。

銀行カードローンが通りやすいのでは、と思われるにはいくつかの理由があります。 まず第一に多くの利用者がいるからです。身近に消費者金融を利用している、と言っている人はそこまで多くないでしょうが、家のローンを組んでいる、車を買うときローンを組んだ、などの話は聞くことも多いでしょう。車や家を買うときのローンは銀行系がほとんどです。そして銀行カードローンは収入証明なしで数百万円の借り入れが可能です。利用者が多く借り入れ金額も多いという点から、銀行カードローンは審査が比較的通りやすいのでは、という勘違いが生まれてしまいます。

確かに利用者は多いですが、銀行カードローンを利用するには理由も重要です。家、車といった生活に必要であり一括での購入が難しいものはローン理由として通りやすいでしょう。逆に交遊費や生活費といった出費で銀行カードローンが下りることはなかなかありません。

そして、収入証明はなくてもそのほかの部分でしっかりと審査をされています。特に信用情報はしっかりとチェックをされています。消費者金融では通る状況でも、銀行カードローンでは落ちる場合も多いのです。

銀行カードローンは消費者金融よりも安心度が高く、金利も低いため、利用しやすいと感じる方が多いでしょう。 しかし審査は決して甘くなく、細かい部分までしっかりと見られますし、誰でも気軽に利用できるという訳ではありません。 車や家などを購入するとき、子供の進学費用、冠婚葬祭費用など、きちんとした理由があり、一度に大金が出て行く状況の場合であれば受かりやすいのです。また、きちんとした理由があって借りるから、人にも言いやすいので、銀行カードローンからお金を借りている人が多く感じられるのでしょう。
当サイトの無断コピーは禁止です