金利は基本年利で出している

カードローンの借り入れをするにあたって、金利がどのくらいかがポイントになります。金利が低ければ利息の支払い額も少なくなって、返済総額も安くできます。カードローンの金利ですが、主要なところは年率で表示されています。

例えば年利20%で5万円借り入れした場合、1年後に返済すると5万円のほかに利息として1万円を支払う必要があります。しかしカードローンのほとんどで日割り計算をします。つまり利息額=元金×金利÷365日×借入日数というわけです。つまりできるだけ早く返済したほうが、利息の支払い額も安く抑えられるわけです。

金利の上限は決まっている

金利の利率は基本的にカードローン会社でそれぞれ設定できます。しかし利息制限法で、借入額別に上限金利を設けています。10万円未満20%・100万円未満18%・100万円以上15%が上限金利です。

もしこれを超えるような金利設定になっていれば、闇金など不法な営業をしている業者の可能性が高いです。利息制限法と照らし合わせてみて、問題ない利率設定かどうかチェックするといいでしょう。

実質年率って何?

カードローンの金利を見ると数字と一緒に「実質年率(年利)」と記載されているでしょう。実質年率とは、金利に手数料や保証料などの諸費用が含まれているという意味です。しかし借りる側からしてみると、実質年率=金利と思ってもらっていいでしょう。しかし闇金業者の中には、金利とは別に手数料を上乗せしているケースもありますから注意したほうがいいです。
当サイトの無断コピーは禁止です