金利に幅があるのはなぜ?

カードローン会社の金利をチェックしてみると、ほとんどが「○○%〜○○%」などのように利率に幅を持たせているはずです。これだと自分がもし申し込んだときにどの金利が適用されるかわからないという声も上がるかもしれません。

金利に幅を持たせているのは、借入する人の信用力によって変わるからです。最初の内は貸したお金をきちんと返済してくれるかどうか、そこまで高い信用力はないでしょう。ですから上限金利の方が適用される可能性が高いです。ですから少しでも金利の低いところを利用したければ、上限金利が高いか低いかで比較するのがおすすめです。

消費者金融の金利を見てみると、だいたい18%で設定されています。一方銀行カードローンを見てみると、上限金利は15%程度の設定のところが多いです。銀行カードローンの方が返済負担は軽減されるでしょう。しかし金利が低い分、それだけ高い信用力が求められます。審査も厳しめになるので、その部分は理解しておきましょう。

返済が遅れるとプラスアルファの金利も

カードローンでは決まった期日までに返済するルールがあります。もしこの返済期限に遅れると、遅延損害金というものが利息とは別に起こります。これはレンタルビデオの延滞料のようなペナルティの一種です。余計なコストがかかってしまいますから、期限内に返済することを心がけましょう。遅延損害金は20%が相場で、金利よりもさらに高利になります。
当サイトの無断コピーは禁止です