消費者金融でお金を借りるのは無理?

専業主婦の方で家計のやりくりに困って、お金を借りたいと思うこともあるでしょう。その際、消費者金融であれば借入がスピーディだし気軽にお金を借りられるのではないかと思いませんか?しかし結論から言うと、専業主婦の方は消費者金融でお金を借りられません。なぜ無理なのか、それは総量規制が関係しています。

貸金業法の中にある既定の総量規制とは、貸金業者は申し込んだ人の年収の1/3を超えて融資ができないことになっています。専業主婦は自分で仕事をしていないので、自分名義の所得はゼロです。ゼロの1/3はゼロ、すなわち借り入れができないのです。実は貸金業法の中には、配偶者貸付が規定されています。配偶者貸付とは、1/3までの収入であれば配偶者でも借り入れできるというものです。

しかしこの場合、配偶者が借り入れに同意していないといけません。つまり旦那さんに内緒でお金を借りることはできないわけです。また配偶者貸付の場合、手続きに時間がかかります。このため、主要な消費者金融では配偶者貸付を実施していないのです。

銀行系カードローンであれば可能

では専業主婦はカードローンサービスをまったく利用できないかというと決してそうではないです。それは銀行系カードローンを利用する方法です。銀行は貸金業者ではないので、貸金業法を順守する義務はないです。つまり総量規制の制約もないです。このため、配偶者の同意なし
当サイトの無断コピーは禁止です